Home > 〝ハレとケ〟tips > ハレとケ

ハレとケ

百科事典によると、一般にハレとケとは、非日常と日常とを対比させる基本的な概念であり、ハレは、漢字では晴れと書き、公のもの、正式なものをさし、一方、ケは、と書いてハレとは反対に、公でないもの、正式でないものを意味しているらしい。
正月や祭りなどだけでなく、誕生、成人、結婚なども当人や近い関係の人達にとってはハレの状況といえるがそれ以外の人達にとっては日常のケの日になる。
ハレの日ばかりでも疲れるし、退屈なケの日ばかりでは生活に張りが生まれないのでハレの日が出来たのだろうか?

さて、住まいを購入することは十分にハレの日足り得るが、購入後のケの日(日常)をも楽しむことを念頭にハレとケのバランス感覚を養ってみてはどうだろう。”住まう”というのは”生活をする”ことであり、特別なことばかりではないのだから。

このTipsで私のケの日、ときどきハレの日をお伝えして行くことが、将来の住まいの一助になりえればと思います。

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.daicho.net/tips/tips000-2/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
ハレとケ from 城陽市の不動産・新築分譲住宅の事なら(株)大長物産・大長商事へお任せ下さい。
-->

Home > 〝ハレとケ〟tips > ハレとケ

Search
Feeds
Meta

Return to page top